はじめてのエロ用語辞典 > エロ用語辞典 ま行 > まん汁(まんじる)とは

まん汁(まんじる)とは

まんこから出てくる液体のことです。まんこからでてくるお汁、略してまん汁といわれています。

まん汁は、ラブジュースや本気汁、愛液などと呼ばれることもあります。医学的には、膣液とか膣分泌液と言います。

友達が
「この前行ったホテルヘルスのゆかちゃんめっちゃまん汁でていたよ。かなり気持ちよさそうで、俺本当におちんちんを挿入したくなったわ」
みたいなことを言ったら、
「へぇ〜膣分泌液が出やすい風俗嬢なのかもしれないね。感じやすい体質だから風俗嬢は向いているかもしれないな。俺も少し遊びに行ってみようかな。」
とさりげなく、まん汁を膣分泌液と言い換えて
(お、こいつかなりインテリだな。頭が賢いんだな〜)
と相手に思ってもらえるかも知れません。1ヶ月もすれば、あなたの学校のKYくんと呼ばれるかもしれないので、まわりの空気を読みつつ、使うといいかもしれません。くれぐれも変態君にはならないように。

このまん汁は、セックスのときにとても大事な役割があります。女性はぬれないとセックスのときに気持ちよくなれない、というようにこのぬれるというのは、まん汁がまんこからたくさん出てくるという状態のことです。セックスのときにまん汁があるかないかで、セックスの気持ちよさがかわります。

まだまん汁(まんじる)が出ていないのに、おちんちんをまんこに挿入すると絶対に痛いので、しっかりとまんこがぬれて入ることを確認してからセックスしましょう。10代の女の子はまだぬれにくいからだの体質です。どちらかと言えば熟女の方が感じやすくまん汁(まんじる)もたくさん出ます。

これは女性は性的に興奮するのが30代になってからという科学的な根拠もあります。